Sales by type of property

物件の種別で見る売却

物件の種別で見る売却

ABOUT

売却⽅法の最適解とは?マンションなら?⼾建なら?⼟地なら?

このページでは、売却検討の不動産の種類に応じた最適な売却⽅法やよくあるご質問を解説いたします。
不動産を売却する⾏為は、ただ不動産会社に依頼しただけでは成功への道筋は⽴てるコトが出来ません。
物件種別に応じた最適解を導き出し、もっとも効果的な売却⽅法を検討しましょう。

土地の売却

土地の売却

ABOUT

この⼟地はどのような⼈に好かれる⼟地なのだろう?

不動産取引において⼟地は『基本中の基本』です。
なぜなら⼟地が無ければ建物は建ちません。
⼟地を理解するコトは、どのような不動産ジャンルでも適切な判断が出来る⼀番⼤切なポイントです。
住宅建築⽤に使える⼟地なのか?事業⽤に使える⼟地になるのか?購⼊検討するお客様の像はどのような⼈たちなのか?
⼟地の相場や評価は過去の取引事例や指標がたくさんあります。
これは誰にでも計算する事が出来ます。
私たちはその先にいる購⼊するお客様を想像し、『届けるべき⼈』は誰なのか?この解はおのずと販売計画に反映されて来ますので、ここを多⾓的な視点から導き最適解をお届けいたします。

土地の売却

  • 空き地となっておりますが対応可能か知りたい
  • 物件には適さない土地でも売却を行えるのか?
  • 再構築不可物件でも売却を行えるのか?
  • 物件付の土地でも売却を行えるのか?
  • 土地の種類が特殊でも売却を行うことが出来るか?

POINT !

売却するメリット

売却で得た資金を有効に使えば、その後の収入や支出の改善につなげることが可能です。借入の返済、金融資産の購入、他の不動産の購入などを行うことが出来るため、将来を考えた資金運用を行うことが出来ます。

戸建ての売却

戸建ての売却

ABOUT

お持ちの戸建て物件はどのような価値があるだろうか?

物件の中には物件ごとの間取り、立地やバルコニーなどの様々な特長があります。
お客様がお持ちの物件がどのような価値になるのかは実際に査定を行い、詳しく見る必要があります。また、立地に関しても交通機関や商業施設などの要素により金額が大きく変動します。
お客様の物件の情報を考え、最適な販売方法に関してご共有しますので是非、ご相談下さい。

戸建ての売却"

  • 持っている物件の築年数が気になる
  • 転勤などで早急に売却を行いたい
  • 他社との相見積もりを行い比較したい
  • 目標金額があるため、近い金額で売却したい
  • リフォーム後に売却を行いたい

POINT !

売却成功へのポイント

戸建ての売却は他の物件の売却と異なり、売却方法が様々です。
お客様の売却までの目標期日はもちろん、目標金額に合わせた売却方法が必要となります。
不動産会社の中には売却に特化した不動産会社や不動産会社の対応方法に関して幅広い広告を武器にしている不動産会社があります。不動産会社ごとにお問い合わせいただき、お客様がご納得のいく選択を行うことが出来る不動産会社を選択することをおすすめします。

マンションの売却

マンションの売却

ABOUT

マンションは現在の入居者や景観などによって価値が異なります

マンションをお持ちのお客様はオーナーとして経営していた方が非常に多いです。
賃貸として貸し出しているため、現在入居している方がいたとしてもすぐに利益につながるため入居者がいても売却を行うことが出来ます。入居を決める方のほとんどはマンションの景観や部屋を見て判断する方が非常に多いです。
また、周辺環境により、生活環境を充実させたい方も多いため、立地条件なども価格を決めるのに大事な要素です。
一般の物件とは異なり、築年数に関してはあまり影響が出ないですがリノベーションやリフォームを行った後に売却することでご希望の売却金額に近づけることが出来ます。

マンションの売却

  • 築年数が経っているのですが大丈夫ですか?
  • 劣化があるのですが修復してからの方がいいですか?
  • リフォームを行った後の売却金額が気になる
  • 景観を改善したいのですがどの様に対応するべきですか?
  • 新しく購入も検討してますがそれも対応してくれますか?

POINT !

売却するメリット

マンションは建物自体が管理業務により大規模修繕を繰り返しているため、築年数が経っていても違法建造物または危険建物でなければ、滅多に強制退去させられることはありません。室内には様々な設備があると思いますが、基本的にはリフォームしたほうが高く売れますし、いろんな要素を盛り込むと当然価格も上がります。マンションの売却は戸建ての売却に比べ、リフォーム次第では大きい金額となりますが戸建に比べて、部屋の広さが狭いため、そこまで高くはありません。
ただし、資産を運用するために他の物件に乗り換えるために売却を行うことも非常に多いのがマンションとなっております。
立地や条件によって、その時のマンションの価値が変化していくことも多いため、売却はじっくり考える必要があると思います。収益を得れずにただ物件を持っている状態では、どうしても維持費用や固定資産税がかかるため、その削減もご検討ください。

事業用物件の売却

事業用物件の売却"

ABOUT

店舗等の事業用物件は多様性により価格が決定します

事業用物件は戸建て・マンション等とは違い、自由な間取りが特徴です。
お持ちの物件ではどのような用途で使用することが出来るのかや今までの使用方法によっても金額が変わっていきます。
お持ちの物件に何の特徴があるのかによって大きく価値が異なるため、一度不動産会社に査定し、適正価格で売却することを心掛けましょう。

事業用物件の売却

  • 物件の特徴が分からない
  • 査定金額の内訳が分からない
  • 新規事業用に物件を購入したい
  • どのような物件なのかも説明が欲しい
  • 物件以外の要素を教えてほしい

POINT !

売却成功へのポイント

不動産会社によっては事業用物件の取り扱い実績が少ない会社も少なくはありません。
売却の際には事業用物件の売却実績があるのかをしっかり確認し、売却を進めることをおすすめします。
事業用物件には物件情報以外にも評価されるポイントが異なるため、売却の際にはしっかりと説明してもらえる不動産会社を選択することをおすすめします。

取引実績Records

売却実績一覧を見る